香りかお香か……?

過日友人と購入に行った近辺、香りに憧れるという談話になりました。そうして友人と香りを売っているおサロンに行きました。さっぱり香りには暗い私たちはおサロンに並んでいる香りの冠を聞いてもいまいちそれが何のアロマオイルなのかまるっきり分かりません。ただしこういうアロマオイルはリラックスする、こういうアロマオイルは目が覚めみたい、など何となく興味深い瞬間を過ごしました。因みにその時私が気に入ったのはイランイランというアロマオイルです。後々調べてみた近辺、イランイランという冠は「花の内の花」という意味があると知り、相当眩しいじゃないかとワクワクしてしまいました。思い切ってアロマデビューしてもいいかもしれないとさえ思いました。
その時たまたま思い出したのは早春に行った京都ピクニックのことです。京都ピクニックは思い切ってセルフ旅だったのですが、とあるお寺で沢山のお香が売られていたのです。お香なんてお墓でしか嗅いだことがなかったのですが、そこに並ぶのは「白檀」「伽羅」など沢山のアロマオイルがあるのです。いくぶん人気が湧いた私はテスターで沢山のアロマオイルを楽しみました。その時は物欲がむくむくと湧いてきたのを心から抑えてお寺を後にしたのですが、今から思えば買ってしまえば良かったと思います。
そうして私は今アロマデビューするかお香執筆するか悩んでいます。ともよろしいアロマオイルで気晴らしできそうですし、とも魅力的です。他に香りかお香を焚いた仕事場のある傍らに面会しながら近いうちにどちらかを執筆したいと思います。足脱毛は、意外と安い料金です